すずらんの歴史

歴史_教育.jpg

保育と教育はひとつ

1954年の創立からの想い

幼児園に込められた想い

戦後、日本の保育園と幼稚園は二分化し、
保育と教育は別のものと考えられていました。

創立者 山川勇治の

「保育と教育はひとつのもの」という信念から

保育と幼児教育をともに行うところとして

すずらん幼児園が誕生しました。

すずらん.jpg
歴史_園長挨拶.jpg

子どもたちが

幸せに育つための、

保育と教育を。

山川勇治 すずらん幼児園創立者

%E6%AD%B4%E5%8F%B2_%E6%96%87%E5%AD%97_ed

子どもが大好き。

芸術への情熱も強く、書道家として​国内外で活躍しました。

事業家と芸術家

子どもからお年寄りまで

地域の交流の場として、親しまれてきました。

IMG_4567_edited.jpg

地域コミュニティ